導入前に知っておこう!法人向けパソコンの選び方

節電性能が高いタイプを選ぶ

各家庭で冷蔵庫やエアコンを購入するとき、エコ性能が高いタイプを選ぶでしょう。従来と機能はそれほど変わらないものの消費電力が少ないタイプです。高機能になるのも重要ですが、いかに少ない電気で使用できるかも重要になります。パソコン一台ぐらいであればそれほど消費電力を気にする必要はありませんが、何百台もあればかなりの消費電力になります。法人用パソコンを購入するときはまとめて購入するときもあります。できるだけ節電性能が高いタイプを選ぶと良いかもしれません。パソコンも省電力設計タイプがあり、従来と同じ処理速度で消費電力が少ないタイプがあります。消費電力が少なければそれだけ電気を使わないので、光熱費のコストを下げられます。

バッテリー容量が多いタイプ

持ち運びをするパソコンであれば、バッテリー容量が多いタイプを選びたいでしょう。屋外での作業時間にもよりますが、数時間程度あればそれなりの作業ができます。法人向けパソコンも、営業担当者など外部での利用を想定する時にはそれなりにバッテリー容量の多いものを選ぶときがありました。最近は内勤者向けのパソコンでもバッテリー容量が大きなタイプを選択するケースがあります。あるメーカーでは自動的にバッテリーと電源の利用を切り替えるタイプが用意されています。日中の電気料金が高い時は主にバッテリーで使用し、夜間の電気料金の安くなるときに充電をします。日中でもバッテリーが少なくなったときには自動的に充電に切り替わるので、急に電源が落ちるなどはありません。