知ってる?法人向けと一般向けの違い

必要なスペックで納品してもらえる

パソコンは、実は自作がしやすいとされています。デスクトップタイプならケースやマザーボード、CPUなどを組み合わせれば比較的簡単に作れます。少し知識のある人は自分で作って利用しているかもしれません。一般タイプのパソコンは、一定のニーズからメーカーがスペックを決めて販売しています。メモリ等多少のカスタマイズはできますが、細かい変更は難しいです。法人向けパソコンは、メーカーに希望のスペックのパソコンを作ってもらえます。一応標準タイプが商品としてありますが、メモリをアップして納品してもらうなどが可能です。ハードディスクの容量を多くしたり少なくしたりなどもしてもらえます。変更すればその分高くなりますが、それぞれの会社にマッチしたパソコンが買えます。

トラブルが起きた時の対応のしやすさ

家電量販店で売られているパソコンは家電の一つです。他の家電では1年保証のものが多いですが、パソコンも同様に1年保証です。1年以内に問題が起きれば交換や無償修理をしてもらえます。それ以降は有償での対応になります。法人向けパソコンは一般のパソコンに比べると利用頻度が高く、故障などのトラブルが発生しやすいです。一方でトラブルが起きると仕事がストップするので非常に困ります。そこで、トラブルが起きた時の対応がしやすくなっています。保証期間が長くなっているタイプなら、数年以内のトラブルでの修理や交換が無償になります。ハードディスクやメモリの交換などがしやすくなっているのも特徴になります。グレードアップがしやすいです。